あかしあ訪問介護ステーションでは、身体拘束適正化のための指針を、次のとおり定めます。

1.身体拘束適正化に関する考え方
(1)基本的な考え方
身体拘束とは、利用者の意思にかかわらず、その人の身体的・物理的な自由を奪い、ある行動を抑制または停止させる状況であり、利用者の能力や権利を奪うことにつながりかねない行為です。当事業所では、利用者の尊厳と主体性を尊重し、拘束を安易に正当化することなく職員一人ひとりが身体的・精神的弊害を理解し、拘束廃止に向けた意識を持ち、身体拘束をしない支援の実施に努めます。

(2)身体拘束の原則禁止
あかしあ訪問介護ステーションでは、原則として身体拘束及びその他の行動制限を禁止とします。

(3)拘束を行う基準について
やむを得ず身体拘束を行う場合には、以下の 3 要件を全て満たす必要があり、その場合であっても、身体拘束を行う判断は組織的かつ慎重に行うこととします。
① 切迫性
ご利用者等ご本人又は他のご利用者等の生命又は身体が危険にさらされる可能性が著しく高い場合
② 非代替性
身体拘束等その他の行動制限を行う以外に代替する方法がない場合
③ 一時性
身体拘束等その他の行動制限が一時的なものである場合
以上の 3 要件を満たし、やむを得ず身体的拘束等を行う場合には、その様態及び時間、その際の利用者の心身の状況並びに緊急やむを得ない理由その他必要な事項を記録します。

(4)日常的支援における留意事項
身体的拘束を行う必要性を生じさせない為に、日常的に以下のことに取組みます。
① 利用者主体の行動・尊厳ある生活に努める。
② 言葉や応対等で利用者の精神的な自由を妨げないよう努める。
③ 利用者の思いを汲み取る、利用者の意向に沿った支援を提供し、個々に応じた丁寧な対応をする。
④ 利用者の安全を確保する観点から、利用者の自由(身体的・精神的)を安易に妨げるような行動は行わない。
⑤ 万一やむを得ず安全確保を優先する場合、身体拘束適正化委員会において検討する。
⑥ 「やむを得ない」と拘束に準ずる行為を行っていないか、常に振り返りながら利用者に主体的な生活をしていただけるように努める。

令和6年1月9日